東京都で相続にお悩みの皆様へ!各分野で実績豊富な専門家が貴方の様々な相続問題をサポートします

シティ・ハウジング相続サポートセンター大田品川

03-3742-1500

受付時間:水曜日の定休を除き全日09:00~18:00

相続レポート REPORT

  1. HOME
  2. 相続レポート
  3. 登記できる建物と登記できない建物ってどう違うの?

登記できる建物と登記できない建物ってどう違うの?

2020.08.20

   皆様、土地家屋調査士という国家資格をご存じでしょうか?
土地家屋調査士とは、不動産の登記簿(登記記録)の「表題部」の新設、変更・更正、閉鎖等の代理申請を行う土地建物の表示登記および境界の専門家です。

 

 「登記できる建物と登記できない建物ってどう違うの?」という声は、相続の時はもちろんのこと、土地建物の売買時などによく聞かれます。

 

 建物の新築の登記は「建物表題登記」(これは以前建物表示登記という名称でした)といいます、また増築や付属建物の新築、構造の変更、種類の変更などは「建物表題変更登記」といいます。不動産登記法では、建物の新築・増築・滅失等があった場合1ヶ月以内に登記申請をしないといけません。では登記しなければならない建物とはどんなものを指すのでしょうか。

 

 登記しなければならない建物の状態とは、大きく言えば概ね以下の通りです。

〇土地に定着していて容易に移動できないこと。(定着性)

〇屋根および周壁などの外気を分断するものがある。(外気分断性)

 

 簡単に言えば、「土地に固着し、屋根壁(天井高1.5m以上)があり、用途をもったある程度強固な建物は登記義務がある」ということです。また、車庫などは3方向にしか壁がなくても建物として登記出来ます。

 ここで、少し具体例をご紹介いたしましょう。 

 

 相続登記の後で未登記建物が発見され、トラブルになる事がよくあります。
例えば、相続登記が全部終わった後に、銀行融資を受けることになり現地調査をうけた際、増築が発見され、増築の登記をしなければならなくなり、登記しようとしたが、他の相続人の協力が得られず、結果、融資が受けられないといったケースもあります。

 

 トラブルを防ぐためには、以下の確認をぜひしておきましょう。

○固定資産税評価証明や名寄帳を確認し、未登記建物がないか登記建物と照合する。

○上記を確認した上で、現地に増築がないか、未登記付属建物がないか等を確認する。

 そして、上記を行った上で、親にそのような建物がないか確認しておかれる事をお勧めいたします。

 

 何か気にかかることがあれば、お近くの土地家屋調査士に、お尋ねください。 

カテゴリ : 

筆者紹介

江藤 剛
土地家屋調査士

事務所理念
◎お客様の大切な不動産の取引・管理に関し、正確かつ迅速なリーガルサービスを提供します。

◎常にお客様や関係する方々の立場に立ち、丁寧且つ真心溢れた業務や相談サポートに努めます。

不動産という高価な財産における不動産表示登記に関し、依頼者の権利の保全の為に登記申請や測量を行う土地家屋調査士にとりまして、正確な知識に裏付けされたリーガルサービスが基本となります。その上で迅速に業務を完遂し、お客様に権利の保全と安心を提供します。また、専門的な知識が多い不動産登記や境界確定測量に関し、丁寧且つ真心溢れた相談サポートを提供します。

例えば、お客様が永続的にお住まいになる住宅の測量業務などでは、隣接者や官公署などと境界トラブルや越境によるトラブルなどが残らないように慎重に業務をすすめる必要があります。お客様の「大切な不動産に将来的な安心を」ということを常に考えながら業務を遂行していきます。
土地の取引では不動産取引が将来に関しても安全に行われる業務や相談サポートを提供致します。
そして、常に笑顔で元気よくお客様との関係構築に努めてまいります。

相続に関するお問い合わせ・
ご相談はお気軽に

お電話でのお問い合わせ

03-3742-1500

受付時間:水曜日の定休を除き全日09:00~18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご相談は無料です

お電話でのお問い合わせ

03-3742-1500

受付時間:水曜日の定休を除き全日09:00~18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ
フォーム

メールマガジン

シティ・ハウジング相続サポートセンター大田品川ニュース

相続・節税
お役立ち情報満載

ご登録は
こちらから